寄贈式が執り行われました

令和2年7月17日(金)、和歌山県那知勝浦町の那智勝浦町役場にて、SDGsに係る寄贈式が執り行われました。

今回は第三銀行様からCSR活動及びSDGs達成に関する総合コンサルディングを受け、弊社と第三銀行様の連名にて、那智勝浦町へ「災害用備蓄毛布150枚」を寄贈させていただきました。

毎年のように大雨や台風による災害が起きている昨今ですが、特に那智勝浦町は沿岸部に位置するため、津波などの水害の可能性が高い立地となっております。万が一の際には、今回の寄贈品がお役に立てればと存じます。

これからもダイワテックは、継続してCSR活動・SDGsの達成に取り組み、社会へ積極的に貢献して参ります。



イベント風景1
【左より】第三銀行 小松正美 部長 那智勝浦町役場 堀順一郎 町長 弊社代表 岡忠志

代表・岡忠志よりご挨拶
昨今、「100年に一度」と呼ばれる災害が毎年のように起きている状況です。弊社は自然エネルギーを利用する製品を主体としたものづくりを事業とした企業で、災害地や避難所へのソーラーハウスの貸出し等も行なっております。那智勝浦町とは、以前より災害支援協定を締結していた経緯から、この度の寄贈に至った次第です。
災害というものは、本来何も無いのが一番ですが、いざ万が一、何かあった場合には、本日の寄贈品を有効活用していただければ幸いです。



イベント風景1
贈呈式の様子